【渋谷・表参道・銀座のサロン求人を紹介中】美容師の転職はMビューティーにお任せ!

東京エリアに特化した美容師求人紹介サイト

美容師専門の求人サイトを使うと損する理由とは?詳細はコチラ

【衝撃の事実】美容師の待遇が悪い本当の理由と改善策

 
美容師の待遇が悪い本当の理由
この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

あなたは美容師の仕事をしていて、待遇が悪いと感じる事があると思います。

しかし待遇が悪いのは、美容業界全体で言えることです。

今回は、なぜ美容業界は待遇が悪いのかをメインにお話します。

本記事の後半で、待遇の良いサロンの探し方についても解説してるので、合わせて参考にしてください。

 

悲惨な美容業界の現状について

美容師の給料(年収)が高いって本当?他業種と比べて分かったコト』を読んでも分かる通り、美容師の待遇は異常なくらい悲惨です。

美容師という職業がどれほど悲惨なのか、ネット情報とリアルな相談を元にまとめてみました。

美容師業界の現状
  • 美容師の過半数は歩合10%以下
  • 平均年収284万円
  • 30歳の平均月収は23万円
  • 有給は年10日未満
  • 技術練習中は残業代無し
  • 休日出勤の手当無し

平均年収.jpの調査データでは、新卒の平均年収が、325.44万円となっています。

つまり、30歳まで美容師として頑張って働いても、平均的な新卒レベルしか稼げません。

しかも給料が低い割に、有給10日未満・休日出勤…。

よく美容業界では・・・

  • 営業開始前の早朝
  • 営業時間終了後
  • 休日

のいずれか、もしくは両方で、技術練習をするのが常識となっています。

その割に練習時間は、残業代を付けない美容室が多いですね。

一般企業の場合、たとえ教育中だろうと残業代が付きます。

むしろサビ残にすると、人事からクレームが来るレベルです。笑

また筆者が髪を切って貰ったスタイリストさんに話を聞くと、年末年始の休みはわずか3日しかないとのこと。

ちなみにそのスタイリストさんは、実家の北海道に一泊だけしてからまた戻り、出勤するという、慌ただしい日々を送ってたのです。

もちろん他の従業員も3日のみの休みで、全員出勤しています。

これを聞いて僕は美容業界はブラックだと、改めて痛感させられました。

他の業種では、年末年始8日連続休みが普通ですからね。

ではなぜ美容師は、こんなにも待遇が悪いのか?

次項でその理由を解説していきます。

 

美容師の待遇が悪いのはなぜか?

美容師の待遇が悪いのは、人件費を犠牲にする代わりに、サービスの値下げを優先してるからです。

良い会社というのは、従業員に対して適切な給与、休暇、その他必要手当を与えています。

ホワイト企業はその分の人件費を『料金』に上乗せするんですよね。

逆にブラック企業ほど、商品が異常に安い特徴があります。

商品を安売りするという事は、人件費を削ってるのと同じなので、必然的に従業員の待遇も悪くなるのです。

美容業界は1000円カットが流行り、お客さんの数も年々減っています。

それなのに美容師、美容室の数が増えている傾向にあります。

その結果、美容業界は低価格でサービスを売る傾向が高まり、安さでお客さんを呼び込もうとするサロンが増えてきました。

しかしこれによって、多くの美容師が待遇の悪さに苦しむ羽目になったのです。

  • 月の休みは5日以下
  • 技術練習は残業代無し
  • 年末年始は3日休み

などなど、悪い待遇を挙げたらキリがありません。

これが海外だと、カットだけで2万取る高級サロンもありますからね。

2万というとぼったくりに聞こえるかもしれませんが、それは間違いです。

海外の美容室では、サービスに見合う適正価格を設定するという、ごく当たり前のことをしてるだけ。

人件費にお金を掛けてるので、むしろ良いサロンの確率が高いです。

一方で値段の低いサロンは、お客さんからすればコスパが良いものの、美容師に負担が掛かります。

美容師の事を考えると、値段の安いサロンだからラッキーだとは思えません。

 

待遇の良いサロンを見つけるには?

僕はこれまで1000店舗以上のサロン求人を取り扱ってきましたが、その中で分かったことがあります。

それは、

  • 価格の高いサロンは待遇が良い
  • 価格の安いサロンは待遇が悪い

ということです。

もちろん1000円カットのような、価格は安いけど待遇が良い理容室もあります。

しかしここで言ってるのは、都内で安売りしてるサロンは、ブラックな可能性が高いということ。

試しにホットペッパーで、都内の美容室一覧を見てください。

クーポン欄を見ると、カットやパーマの値段が異常に安い美容院がありませんか?

例えば恵比寿のようや地価が高い場所にあるのに、カット2500円だと物凄く安いです。

安いサロンは多少お客さんが増えるのかもしれませんが、その分安い給料で、忙しく働かなければなりません。

なので安いところは、待遇改善のされた良いサロンとは言えないんですよね。

ホットペッパーのメニュー欄に、

  • カットカラー
  • カットヘッドスパ

など色々な種類が掲載されてますが、なるべく料金の高い適正価格のサロンを選ぶようにしましょう。

 

【まとめ】日本の安売り文化にハマるのはNG

海外旅行の経験豊富な方は分かると思いますが、先進国で日本より物価の高い国って多いですよね。

例えばオーストラリアなんかは、コーヒー1杯で普通に1000円行きます。

この値段は、コーヒーに掛かるコストと人件費を載せた適正価格です。

物価が高い分、オーストラリア人の給料は高く福利厚生も充実してるので、日本みたいに過労死のニュースが出回ることがありません。

オーストラリアでは、最低賃金を下回ったり、残業代無しで働かせる企業に対して厳しく取り締まってるため、ブラック企業がかなり少ないです。

日本の場合、ブラック企業ってたくさんありますよね。

なぜ美容室含めてこんなにブラック企業が多いかというと、政府の取り締まりが甘いのも、1つの原因としてあるでしょう。

過労死を発生させた電通に対して、50万の罰金しか取らなかったり、もはや法律自体が甘いのです。

なのでブラック企業も中々消えず、今日に至ります。

今美容師の求人を探してる方は、ブラックなサロンには絶対入らないでくださいね。

求人の見分け方が分からない方は、当サイトの専門家が転職相談のアドバイスをします。

貴方様のご連絡を心よりお待ちしています。

 

東京都内で美容師の求人を探してる方へ

 

マッチングビューティーでは、東京エリアの美容室求人を紹介しています。

今の給料に不満のある方、週休2日休みが欲しい方、フリーランスで働きたい方、どんな方でも満足のいく美容室をご紹介いたします。
 
こちらからご応募ください。

詳細を知りたい方は、『美容師の転職相談サービスの流れ』をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Matching Beauty , 2019 All Rights Reserved.