【渋谷・表参道・銀座のサロン求人を紹介中】美容師の転職はMビューティーにお任せ!

東京エリアに特化した美容師求人紹介サイト

美容師専門の求人サイトを使うと損する理由とは?詳細はコチラ

【それダメ!】美容師の手荒れを悪化させる原因7つを公開

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

こんにちは、美容師の求人を紹介する専門家のワタナベです。

今回お話しするのは、美容師の、『手荒れ問題』について。

僕はこれまで手荒れで悩んでる美容師、計80人以上の相談を受けてきました。

自分なりに対策しても治らない人、手や足まで症状が出てしまった人など、色んなタイプがいましたね。

この記事を読んでるあなたも恐らく、手荒れを気にしてると思います。

本記事では、美容師の肌事情に詳しい筆者が、手荒れの原因を6つ、ご紹介します。

これから紹介する原因をやってしまってる人は『要注意』です。

原因らしき行動はすぐに辞めるべき。

でないと今の症状がどんどん悪化してしまいますよ…。

ではさっそく紹介します。

 

【まずはじめに】美容師の手荒れが悪化する根本原因について

まず手荒れが、どんなメカニズムで発生するのか、分かりやすく解説します。

まず、人間の肌は『皮脂膜』という、皮膚を保護する油膜のようなもので覆われてるんです。

皮脂膜には、

  • 肌の乾燥を守る
  • 角質層の水分蒸発を防ぐ

という大きく2つの役割を担っています。

つまり皮脂膜が失われると、肌がガサガサになり、ひび割れを起こしやすくなるんですね。

その状態で刺激性の強い液体(パーマ剤など)が肌に直接触れることで、湿疹を起こします。

以下のような流れで手荒れが発生。

  1. 肌が乾燥する
  2. 乾燥した肌が、ガサつきを起こす
  3. ガサついた肌に、あかぎれや湿疹が発生する
  4. 悪化箇所のかゆみが酷くなる

酷い場合は手指のみならず、足首にも湿疹が広がるハメに…。

そうならないために、肌がガサついてると気付いた時点で即座に治療し、悪化する前に対処する必要があります。

さっそく次項で、『手荒れの原因を6パターン』を解説しますね。

 

それやったらダメ!美容師の手荒れ原因とは?

【原因その1】 保湿クリームの塗り忘れ

上記で説明した通り、手荒れは『皮脂膜』が流される事が原因で起こります。

しかし美容室では、皮脂膜を洗い流す『化学物質』を頻繁に取り扱うのです。

化学物質の代表格と言えば、シャンプー。

特にアシスタントはシャンプーをこなす回数が多く、あっという間に皮脂膜が消えてしまいます。

保護されてない肌にドライヤーの温風が当たり、角質層の乾燥が加速…。

そんな結末を防ぐために必要な、保湿クリームを塗ってない人が多いです。

特に肌が弱い人は、シャンプーの度に保湿クリームを塗布する事が重要ですね。

 

【原因その2】 手袋を着用してない

美容師はシャンプーのみならず、カラー・パーマ剤を取り扱います。

これらの液はアルカリ性やジアミン系といった、肌を刺激するアレルギー成分が含まれてるんです。

皮脂膜が剥がれた角質層に、パーマ液やカラー剤が付着すると、肌の状態が一気に悪化します。

その防止策として手袋を着用するべきですが、しない人が多いですね。

シャンプーするのに毎回手袋はルール上、厳しいかもしれません。

せめてシャンプー以外のアレルギー物質を取り扱う際は、必ず着用するべきです。

以下の記事で、『手袋を着用する際の注意点』をまとめました。

 

【原因その3】 自己流の治療をしてしまう

手荒れを治したいのであればまず、根本原因を見つける必要があります。

原因が分からないまま、市販の塗り薬を試しても、効果が出にくいのではないでしょうか。

例えば自分がとあるアレルギー持ちな事に気付かず、アレルギー物質の入ったシャンプーを使ってしまったり…。

肌に優しいシャンプーと書いてあるが、実はアレルギー物質が含まれてるケースもありますからね。

自己流の治療から抜け出すためには、専門医に診てもらうのが一番です。

自分はどんなアレルギーに反応しやすいのか、何が原因で手荒れを悪化させてるのか把握した上で、自身にとって『最適な治療法』を選択しましょう。

以下の記事で、『手荒れの症状別の治し方』をまとめました。

 

【原因その4】 寝てる時に掻いている

肌荒れ箇所をかきむしると、傷口に細菌が混入し、さらに悪化してしまいます。

よくあるのは、あかぎれが出始めて、どうしても痒くなってしまい、夜中気がついたら掻いていたパターン。

痒ゆみが耐えきれなくなったら、ステロイドで炎症を抑え、寝てる最中に手袋を被せるといった対策が必要です。

 

【原因その5】 生活習慣の乱れ

意外にも生活習慣の乱れが、手荒れを引き起こす原因になるのをご存知でしたか?

例えば以下の4点は影響しやすい項目。

  1. 睡眠不足
  2. 運動不足
  3. 食生活の乱れ
  4. 心理的ストレス

睡眠不足や過度なストレスは、自律神経を乱し、血流が悪化します。

また食生活で、カップ麺やレトルトなど『インスタント食品』ばかり摂取していると、肌の新陳代謝に悪影響を与えてしまうんです。

特に美容師は夜遅くまで仕事しているため、睡眠・栄養不足に陥りやすいところ。

精神面、生活面の充実をするだけでも、お肌の回復力アップに繋がります。

難しいですが、うまくコントロールしていきたいものですね。

 

【原因その6】 肌の休息期間が短い

いくら保湿クリームを塗って対策していても、あまりにもシャンプー回数や化学物質を取り扱う機会が多いと、手荒れが治りません。

悪化した後はまず、肌を休める必要があります。

特に水疱が出来るレベルなんて、仕事するべきではないですよ。

中にはどうしても休めないという人もいるでしょう。

せめて悪化した期間はシャンプーの回数を減らしてもらうといった、対処をお願いするべきです。

どんなに良い対策をしていても、回復するまで肌を休めなければ、完治が難しいですからね。

 

【原因その7】 化学物質の洗い残し

シャンプーなどの化学物質を取り扱った後は、こまめに手を洗うのが重要です。

なぜなら、手や爪に少しでも液が残ると、手荒れの原因になりやすいから。

刺激性の強い液体が肌に染みる時間を少しでも短くするために、手洗いって実は重要なんですよね。

手袋付けてる人も液が侵入してるケースもあるので、必ず洗いしましょう。

一つ注意点として、洗うときはお湯ではなく、冷水にしてください。

熱めの湯は、肌を守る膜が剥がれやすいので、百害あって一利なしです。

 

原因って1つだけじゃない!

たまに、「手荒れの原因はこれだっ!」と決めつける人がいます。

しかし人によって原因が異なったり、複数の要因が積み重なって悪化するケースが多いです。

たとえば、

  • 睡眠不足
  • ブローによる乾燥のし過ぎ
  • シャンプーによる皮膚膜の剥がれ

といった3つの原因が重なってるケース。

この場合、原因を1つずつ潰していかないと、手荒れを完全に治す事は不可能ですね。

自分は何が原因で手荒れしてるのか分からないって方は、皮膚専門の主治医に診てもらうのが良いでしょう。

主治医によっては、『パッチテスト』、『アレルギー(血液)診断』を実施し、細かく原因を調査してくれますから。

美容師の悩みに精通した主治医であれば、より原因を見つけやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

美容師が手荒れを悪化させる原因は大きく7つ。

  1. 定期的に保湿クリームを塗ってない
  2. アレルギー物質を取り扱う際、手袋を着用していない
  3. 原因を履き間違えて、自己流に走っている
  4. 肌荒れ箇所を掻きむしっている
  5. メンタル面、生活習慣の乱れ
  6. お肌の休息期間が短い
  7. 冷水での手洗い不足

自分が何の原因で肌荒れしてるのか、いくつ原因が積み重なってるのかは人によって異なる、というお話をさせて頂きました。

ところで、パーマ液やカラー剤を使用の際、手袋を着用しないと、どんな人でもお肌が悪化しやすいです。

化学物質はそれくらい、肌に悪影響を及ぼす液体ということ。

また肌が弱い人は、シャンプーの際も手袋を付けてないと、手荒れする可能性が高いです。

とにかく、原因を履き間違えると全く効かないケースもあり得るので、勝手にこれだと決めつけず、まずは主治医に相談しましょう。

主治医の中でもいい加減な医者、頼れる医者と分かれるので、何軒か病院を巡ってから、良いと思ったところを選んで下さい。

 

東京都内で美容師の求人を探してる方へ

 

マッチングビューティーでは、東京エリアの美容室求人を紹介しています。

今の給料に不満のある方、週休2日休みが欲しい方、フリーランスで働きたい方、どんな方でも満足のいく美容室をご紹介いたします。
 
こちらからご応募ください。

詳細を知りたい方は、『美容師の転職相談サービスの流れ』をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Matching Beauty , 2018 All Rights Reserved.