【渋谷・表参道・銀座のサロン求人を紹介中】美容師の転職はMビューティーにお任せ!

東京エリアに特化した美容師求人紹介サイト

美容師専門の求人サイトを使うと損する理由とは?詳細はコチラ

美容師が手袋でシャンプーする際に必ず意識すべきポイントは?

 
美容師が手袋でシャンプーする際のチェックポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

どうも、サロンの求人を紹介する専門家、ワタナベです。

シャンプー時に手袋する美容師のほとんどは、手荒れを治したいと思っています。

しかし、手袋は手荒れ対策に有効ですか、使い方を間違えると効果が半減してしまいます。

中には手袋を使ってるのに、手が荒れてしまったという事例も…。

どうせなら手袋を使用する事で、手荒れの改善効果を実感したいですよね。

というわけで今回は、『美容師が手袋でシャンプーする際に、絶対意識すべき点』をご紹介します。

この記事を読めば、正しい手袋の使い方をマスター出来ます。

ではさっそく見ていきましょう。

 

美容師が手袋でシャンプーする際に必ず意識すべきポイント!

○美容師にとって最適な手袋を選ぶ

ネット通販で手袋を検索すると、かなりの数が出てきますよね。

美容師の方は、以下の条件を網羅した手袋を選ぶのがベストです。

  • 素手でシャンプーしてる感覚に近い
  • 枚数が多い割に値段が安い
  • 耐久性があり、破れにくい
  • 髪がつっぱらない
  • シャンプーだけでなく、カラー剤にも使用出来る
  • 手首が完全に隠れるくらいのサイズ

これらを全て備えてるのか、岡本のビューティーロンググローブ。

岡本のビューティーロンググローブ

 

この手袋は僕が知り合いのアシスタントも使っていて、美容師に一番人気と言って良いくらい高評価です。

素手の感覚に近いという点で言えば、fittt(フィッテ)もオススメ。

 

fittt(フィッテ)

 

しかしこの手袋は、3枚600円で値段が高いのと、カラー剤に使用出来ないのがネックだと思います。

  1. カラー剤使用時は、フィッテの上にビニール手袋を被せる
  2. シャンプー時にビニール手袋を外す

という順番で使用するのが良いかもしれません。

とにかくフィッテは手の感覚が分かりやすく、シャンプーが最高にやりやすいと評判です。

手袋選びで悩んでる方はまず、『岡本のビューティーロング手袋』を試してみること。

それでも物足りない場合は、『フィッテ』を購入するのが良いでしょう。

 

○シャンプーに限らず、常に手袋を徹底する

意識して手袋を付けていても、パーマ液に少し触れただけで、猛烈に痒くなる人がいます。

そのため、意識しすぎるくらい徹底して手袋する事が重要です。

手袋を付ける必要があるのは、以下を取り扱う時。

  • お湯
  • パーマ液
  • カラー剤
  • シャンプー
  • トリートメント
  • その他の薬剤、化学物質

金属アレルギーの人は、ハサミを持つ際も手袋を着用した方が良いでしょう。

肌が弱い人は原因物質に敏感なので、とにかく手袋で極力触れさせないのを徹底するべきです。

 

○手袋を入念に洗う

手袋に付いたパーマ液やカラー剤は、全て綺麗に洗い流してください。

ついでに中の液が侵入してないか要チェックです。

もし少しでも残っていた場合、液が肌に付着して手荒れを起こす可能性が高いですからね。

そうなってしまうと手袋の効果が半減してしまうので、めんどくさがらず洗い流しましょう。

 

○タオルで水気を切ってから外す

シャンプーを終えてから、手袋を取り外しづらいと悩む人がいます。

その原因は手袋の内側に付着した水分。

水があると肌に密着してしまい、どうしても外しづらいのです。

その対策として、シャンプー台にタオルを用意しておき、外す時に必ず拭くようにしましょう。

手袋の内側、手首を中心に拭くことで、だいぶ取り外しが楽になるはず。

 

○劣化具合で替え時を判断する

替え時を過ぎて手袋を使用してしまうと、髪がつっぱってシャンプーがやりづらくなります。

手袋を変えるタイミングは、指先の劣化具合で判断するのがオススメ。

ゴム手袋の場合、指先でシャンプーした際に、少しでも感覚が違うなと思ったら替えるべきです。

指先の磨耗具合が変化すると、一気に髪がつっぱりやすいので。

また少しでも「シャンプーがやりづらくなってきたな…」と思った時点で、替えてみるのも良いでしょう。

自分自身の感覚で、替え時を判断するのも手です。

 

○爪を同じ長さに切る

爪が長いと手袋が破れやすいため、短めに切る必要があります。

また爪の長さは日によって変わるのではなく、なるべく一定を保った方が良いです。

なぜなら爪の長さが変わってしまうと、シャンプーの気持ち良さや感覚が変化してし、技術にムラが出来てしまうので。

手袋のベストな感覚を掴むためにも、常に爪の長さをチェックしてください。

 

まとめ

シャンプー時に意識すべきポイントをまとめます。

  1. 手袋は『岡本ビューティーロンググローブ』を選ぶ。それで物足りない場合、『フィッテ』を使う。
  2. 意識しすぎるくらい手袋の着用を徹底して、液に触れないこと
  3. 手袋に液の付着を残さない
  4. 外す際はタオルで水気を切る
  5. 指先の摩擦度合いが変わったら交換する
  6. 爪を一定の長さに切る(長すぎNG)

上記のポイントさえ意識すれば、手荒れが悪化せず、スムーズに手袋を扱えるようになります。 ぜひ試してみてください。

 

東京都内で美容師の求人を探してる方へ

 

マッチングビューティーでは、東京エリアの美容室求人を紹介しています。

今の給料に不満のある方、週休2日休みが欲しい方、フリーランスで働きたい方、どんな方でも満足のいく美容室をご紹介いたします。
 
こちらからご応募ください。

詳細を知りたい方は、『美容師の転職相談サービスの流れ』をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Matching Beauty , 2018 All Rights Reserved.