【渋谷・表参道・銀座のサロン求人を紹介中】美容師の転職はMビューティーにお任せ!

東京エリアに特化した美容師求人紹介サイト

美容師専門の求人サイトを使うと損する理由とは?詳細はコチラ

美容師がストレスを解消する唯一の方法とは?その方法は意外とシンプル。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

どうも!美容師の求人を紹介する専門家ワタナベです。

美容師は真面目で几帳面な人が多く、辛いことを我慢し続ける傾向にあります。

その結果、過度なストレスに耐えきれなくなり、美容師を辞めてしまう人が後を絶ちません。

あなたも、今はなんとか働けてるとしても、このままだと壊れてしまう可能性もあります。

そんなリスクを避けるために今日は、『美容師がストレスを解消する方法』について解説します。

これまで1000人近くの美容師の悩みを解決してきた専門家による記事ですので、必ずあなたのお役に立てるはずです。

 

そもそも美容師がストレスを抱えるのはなぜ?

美容師が過度にストレスを溜め込む原因は大きく4つあります。

まずはこの4つの原因を明らかにしてから、解決方法を紹介しますね。

 

1、人間関係が上手くいかない

職場に一人でも合わない人がいると、ストレスの原因になりやすいです。

サロンはオフィスと違って、部屋数が少なくて、狭いですからね。

  • パワハラしてくる店長
  • 自分の価値観を押し付けてくる先輩
  • 教育がいい加減な先輩

など色んなタイプの人がいると思います。

特に美容師の世界は、先輩と後輩という上下関係がハッキリしています。

いくら先輩が理不尽な事をしてきても、それに従わなければならないのが厄介です。

そんな理不尽な要求に日々耐えていると、ストレスが溜まってくるのも無理はありません。

以下の記事では、『美容師が人間関係を円満にする方法』についてまとめました。

 

2、待遇(給料)が悪すぎる

  • 月手取り17万くらいしか貰えない
  • ウィッグ代を自腹で払わないといけない
  • 社会保険が自己負担

等々、劣悪な待遇に悩んでる人がたくさんいます。

金欠気味の生活を続けていて、ストレスが溜まらない方がおかしいです。

手取り17万程度だと、欲しいものも買えないでしょうし、ウィッグ代などの経費を引くと、生活するのさえ苦しくなりますよね。

給料だけでなく、社会保険までケチるサロンもあり、不安定な待遇で将来が不安になるのも当然のこと。

仮に自分が満足する待遇を得ていたなら、そこまで酷くストレスが溜まってないはずです。

 

3、休みが少なくて激務

  1. 朝8時に来て、シャンプー練習と掃除。
  2. 朝10時から20時まで営業。(昼休憩なし)
  3. 20時から23時まで技術練習。(or技術指導)

上記のようなスケジュールで、毎日仕事をこなしてる美容師がいますが、こんなのストレス溜まるに決まってます。

若くてエネルギーがあって、仕事のやる気がある人でも、8時から23時まで休みなく働いてたら、壊れるのも時間の問題。

技術練習の時間は『残業代』が付けばまだ良いのですか、自主練なのでお金は発生しません。

むしろウィッグ代などで費用がマイナスになるケースもあります。

その上、休みが週一だとしたら、かなりキツイですよね。

「せめて休みくらい取らせてくれよ」って、思います…。

朝から夜までぶっ通し働いて、休みは1日だけなんて、ストレスが溜まって当然。

これでは友達と呑みに行く事も出来ないし、カフェでゆったり過ごすのも夢のまた夢です。

仕事から帰ってきたらグッタリ寝て、それで次の日また仕事の繰り返し…。

もう刑務所生活の方が楽なんじゃないかってくらいのレベルですよ。

 

4、体調不良(手荒れの悪化)

美容師の体調不良(体の異変)で多いのは、以下の3つです。

  1. 腰痛
  2. 手荒れ
  3. 疲労

 

手荒れに関しては、病院から軟膏貰って塗っても、また仕事中に痒くなり、中々改善しない美容師も多いです。

※以下の記事では、手荒れを解消する方法についてまとめました。

 

疲労に関しては、前項で説明した『激務』が影響しています。

中には、風邪でも無理して出勤する美容師もいて、それによって体調を崩して、最悪の場合、鬱になるケースもあります。

手荒れも疲労も腰痛も、体を休めれば治りますが、そもそも休む暇がない。そして人手が足りない…。

なので生真面目な美容師は、無理して限界まで働き続けてしまうのです。

 

美容師のストレスの大半は『転職』すれば解決する

ここまで美容師のストレス原因を4つお話しました。

この4つのストレスを解消する方法は、今働いてる職場を辞めて、別のサロンに転職するしかありません。

もしあなたにとっての理想のサロンが見つかった場合、以下のような『ビフォーアフター』が実現出来るはずです。

転職した場合の変化
  • ダメな先輩の元で働いてる→尊敬出来る先輩の元で働ける
  • 給料が手取り17万で社会保障なし→手取り20万以上、社会保険完備
  • 朝8時〜23時まで出勤、休み週1日→1日10時間労働で週休2日休み

 

どうでしょう?

ここまで待遇(環境)が変化すれば、ストレスがだいぶ軽減されると思いませんか?

悩んでた腰痛や手荒れも、2日休みの間で回復出来ますし、ゆったり友人と呑みに行ったり、自分の時間を作る事も可能です。

「そもそも美容師の仕事自体が好きじゃなかった」という人を除けば、これでストレスが解消されるはず!

 

今の職場=他も同じではない

あなたは、「そんな待遇の良くて理想のサロンなんてあるわけない。理想のサロンがあったらとっくに転職してる」と思っていませんか?

しかしそれは単なる思い込みです。

 

  • 知り合い
  • 職場の上司
  • 一部のネット記事

などで得た情報を元に、「美容師はこんなもん。待遇が悪くて当たり前」という常識に踊らされてるのです。

それで仕方なく、劣悪な環境のまま妥協してる美容師って多いんですよね。

でもあなたがサロンを転職した回数なんて、せいぜい1〜2回だと思います。

コンビニよりも美容室の数が存在するというのに、今の職場=他も似たようなモノと決めつけるのは、いかがなものでしょうか。

 

僕は仕事柄、1日に美容師の求人を何百件も取り扱ってますが、週休2日休みで10時間以内の美容室なんて、たくさんあります。

ただし、週一で23時まで拘束する美容室も多いため、あなたのように「美容業界ってこんなもん」と思い込むのもしょうがないでしょう。

今の職場よりもっと待遇の良いサロンがあるのなら、そっちに転職した方が良いに決まってますよね?

いつまでも劣悪な環境で体を酷使しても、まずプラスになる事なんかありません。

今現状、ストレスを抱えてる美容師は、「他に理想のサロンがあるかもしれない」と希望を持つことが大事。

もっと良いサロンがあると知らずに、苦しみ続ける必要なんてないですよ。

 

まとめ

美容師がストレスを溜めやすい原因を4つ説明させて頂きました。

他にも細かく言えば、色んなストレス要因があるのですが、大半は今回紹介した原因に当てはまると思います。

美容師がストレスを解消する方法は、キチンと環境が整備されたサロンで働くこと。

ただし全国には27万店もサロンがあるので、その中から理想のサロンを見つけるのは難しいと思います。

 

当サイト『マッチングビューティー』は、東京エリアであれば、相談者にあったサロンを紹介出来ます。

「自分一人の力で、今より好条件のサロンを見つける方法が分からない…」とお悩みの方は、気軽に当スタッフへご相談下さい。

 

 

東京都内で美容師の求人を探してる方へ

 

マッチングビューティーでは、東京エリアの美容室求人を紹介しています。

今の給料に不満のある方、週休2日休みが欲しい方、フリーランスで働きたい方、どんな方でも満足のいく美容室をご紹介いたします。
 
こちらからご応募ください。

詳細を知りたい方は、『美容師の転職相談サービスの流れ』をご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
Web担当ワタナベ
美容室の求人を紹介する会社『マッチングビューティー』。紹介エリアは東京都内全域です。弊社に所属する求人コンサルタントは、美容業界歴10年以上のベテランのみ。美容師の求人を知り尽くした専門家が、あなたに最高のお店選びをサポートします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Matching Beauty , 2019 All Rights Reserved.